延命措置はどこまで行うべきなのか

自発呼吸をすることができない、すでに絶望的な人に対して呼吸器を装着させるというのは延命措置になってしまいます。呼吸器をつけて強制的に呼吸をさせるというのは体にも大きな負担がかかってしまいます。ただ苦しいだけということもあるようです。1分1秒でも長く生きていてほしいからこそ、延命措置をするのでしょう。しかし本人はただ苦しいだけなので、そこまでして生きたくはないと思っているかもしれません。完治をさせることができるのであれば耐えるかもしれませんが、もうすでに回復の見込みがないのに無理やり延命を行うというのは残酷なことと言えるでしょう。特に子供の場合、その生涯のほとんどを病院で過ごすという子もいます。先天性の疾患であれば完治をさせることができない場合が多いです。家族で過ごして思い出を作るということよりも痛い、辛い処置を受け続けるということが本当にその子にとって幸せなことなのか、ということを考えなければいけません。

七五三 写真 大阪
豊富な衣装を取り揃えておりますので、自分の気に入った衣装をお選びいただけます。

外注による深刻な被害にお悩みの飲食店様はお問い合わせください
二度と害虫が出ないように、店内の隅々まで徹底した害虫駆除を行います。

自社にない新しいリストをピックアップしてほしい

本場上海の職人による手作り生煎饅頭

カーテンレール取り付け.com
カーテンレールの取り付けをする時間がない・自信がない方に代わり、経験豊富なプロがきちんとカーテンが見えるようカーテンレールの取り付けをします。

最新記事

  • 医療機関では、薬物療法も提案します。薬が嫌ならば、カウンセリングや心理療法というパターンですが、例え …

    続きを見る

  • 自分の見た目のコンプレックスがどこか気に食わないなら、早い段階で美容整形外科に通ってみることを強くお …

    続きを見る

  • 美容整形外科クリニックなどを利用することによって、自分の体を隅々まで美しくすることが可能です。見た目 …

    続きを見る